自分に合った生命保険 比較方法

生命保険には今や大手スーパーからネットショップ運営会社まで様々な会社が参入しており、その保険種類もとてもたくさんあります。
しかし、このたくさんあるように見える保険の種類も実は大きく分けてたったの3つしかありません。

まずは万が一の時の「死亡保障」、病気などの「医療保障」、そして老後の為の養老保険などに代表される「貯蓄系保障」です。
これらを組み合わせ、またいわゆるオプション等を組み合わせていくのでわれわれにとってどんどん難しいものとなっていくのです。

もちろん保険会社によって同じような内容でも保険料の違いは発生しますが、それは言い換えれば保障内容の違いとも言えます。
例えば、基本となる死亡保険金額が1,000万円の人と5,000万円の人とでは当然ながら支払う保険料は5,000万円で掛けている人の方が高額になります。
加入時の年齢によっても保険料は事なります。年をとればその分リスクも増え、保険料が上がるというわけです。

つまりバラバラな内容で保険見積もりを出しても本当に自分に合った保険は見つかりません。
生命保険 比較を保険会社間で行う場合は可能な限り保障内容をそろえる事が大事です。
保険会社はやはりその会社イチオシの保障を押してきますが、イチオシだからこそ「売り」なわけで他の保険会社にはない保障内容である事が多いです。

そんな場合でもいったんは保障内容に差がでないように見積もりをしてから、生命保険 比較していくのが自分に合った生命保険を選ぶコツだと思います。
しっかりと自分に合った生命保険を選べるからこそ大事な人を守り、そして安心して人生を楽しめるのです。